ミネラルバスパウダー 効果

ミネラルバスパウダーの温熱効果は詐欺?実験に怪しいところが・・・

イルコルポのミネラルバスパウダーを使った比較実験が
ネット上に公開されていましたので、そちらをシェアしたいと思います。

 

 

入浴前

 

イルコルポのミネラルバスパウダーの他、
他社製品を使っての比較実験です。

 

お湯の温度は42度、10分ごとにサーモグラフィーを使って足の温度を確かめていきました。

 

入浴前は当然ながらみんな同じ状態。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

足の先が青く冷たくなっています。

 

入浴直後

 

お湯の熱に温められ、足の温度も全体的に上がっています。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

 

10分後

 

真ん中のエブソムソルトは少しだけ足先が冷えてきました。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

イルコルポと死海の塩系入浴剤は同じレベルです。

 

 

20分後

 

エブソムソルトは足の指はほとんど冷えています。
死海の塩系入浴剤は20分経つと少しずつ足先が冷えてきています。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

一方、イルコルポは20分経過しても
ずっと足全体がポカポカしています。

 

30分後

 

30分経過すると、かなり差が歴然になってきました。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

真ん中の入浴剤はだいぶ足が冷えており、
コメントでも初めからそんなに熱く感じなかったと書いてありますね。

 

右の入浴剤は、はじめは熱かったものの、
段々冷めてくるのを感じたと書いています。

 

イルコルポは初めから最後までずっとじんわりと温かい感じられたようですね。

 

この実験は詐欺?よく見るとおかしな点が・・・

 

画像をよくよく見ていると、一つおかしな点に気が付きました。

 

それは一番最初の写真のこちら。

 

ミネラルバスパウダー,効果

 

ミネラルバスパウダー以外の商品ですが、
カッコ書きの中で「1回分の半分量」と書いていますね。

 

正しく効果の比較をするならどれも1回分の量で試すべきであり、
これは明らかにフェアじゃないです。

 

他社商品の効果を弱めるためのこの作為は少しいやらしいですね。

 

ただ、グラム数をよく見ると、
他社製品の某社エブソムソルトは55g、某社死海系入浴剤は50gとなっています。

 

これを正しい1回分使用料となると、
110g、100gとなりかなりの量をお風呂に入れなければなりません。

 

これだけの量をお風呂に溶かしきるには
しばらくかき混ぜなくてはならず、結構大変だと思います。

 

一方、ミネラルバスパウダーはたった20gでもよく、
さっとお湯に溶けていくのでとても楽です。

 

この比較実験の結果は明らかに作為的で、
他社製品の効果がないことの証明にはなりませんが、
少なくともイルコルポのバスパウダーの温熱効果はあるという証拠にはなりますね

 

まとめ

 

実際、このミネラルバスパウダーを入れると体が温まりますし、
お風呂から上がった後でもぽかぽかが継続します。

 

布団に入ってからもまだ体がほんのり暖かいので、
一度試してもらえれば、身体の芯から温まるという感覚は
実感してもらえると思います。

 

特に冬場には最適な入浴剤ですね。

 

page top